コンテンツにスキップする

ブラジル株:ボベスパ指数が1週間ぶり高値-国営企業株に買い

29日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が1週間ぶり高値に上昇。有権者を対象とした世論調査 でルセフ大統領の支持率低下が示されたことを受け、ブラジル中央電力 などの国営企業が買われた。

ブラジル石油公社(ペトロブラス)は3.6%上昇し、1月以来の高 値。バンコ・サンタンデール・ブラジルは上場以来で最大の上げとなっ た。親会社が同ブラジル部門の未保有株を買収する提案をしたことが手 掛かり。ブラジルの4月のインフレ率が予想を下回ったことを受け、ガ フィーザなど住宅建設株も買われた。

ボベスパ指数は前日比0.9%高の51838.61で終了。指数構成銘柄の うち上昇が48銘柄、下落は23銘柄。通貨レアルはサンパウロ時間午後5 時32分(日本時間30日午前5時32分)現在、0.4%安の1ドル=2.2322 レアル。

オラマ・アセット・マネジメントのパートナー、アルバロ・バンデ イラ氏は電話取材に対し、「ルセフ大統領の支持率低下を示す世論調査 が特に国営企業の株価を押し上げている」と指摘。「選挙が近づくにつ れ、こうした世論調査はますます注目されるだろう」と述べた。

原題:Ibovespa Rises to One-Week High as Rousseff Loses Voter Support(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE