コンテンツにスキップする

米国株:上昇、インターネット株が反発-メルクなど決算好調

米株式相場は上昇。インターネット 株が5日ぶりに上昇したことに加え、メルクやスプリントの決算が予想 を上回ったことが手掛かりとなった。米連邦公開市場委員会 (FOMC)は30日に金融政策に関する声明を発表する。

ヤフーやトリップアドバイザーがインターネット株をけん引した。 メルクは3.6%高。販売促進費用と研究費の削減が業績に寄与した。ス プリントは11%上げた。売上高が予想を上回ったほか、契約者数は見込 みほど減らなかった。一方、コーチは9.3%下落。競争激化と悪天候の 影響で北米の売り上げが21%落ちた。

S&P500種株価指数は前日比0.5%高の1878.33で終了。ダウ工業 株30種平均は86.63ドル(0.5%)高の16535.37ドルで終えた。ナスダッ ク総合指数は29.14ポイント(0.7%)上げて4103.54。

JPモルガン・プライベート・バンクの米株式責任者、スティーブ ン・リース氏は電話インタビューで、「業績は好調で、大半の企業は通 期の見通しに強気だ」と指摘。「業績に関するデータとこの日の消費者 信頼感指数から判断すると、FOMCの声明に大きな変化はないだろ う。次の材料は5月2日発表の雇用統計だ」と述べた。

S&P500種はこの日の上昇により、月初からでは0.3%高となった が、2日に付けた最高値をなお0.7%下回っている。ナスダック指数は 月間では2.3%安。バリュエーション(株価評価)が業績見通しに対し て高過ぎるとの懸念からハイテク株に売りが出ている。ナスダック構成 銘柄の株価収益率(PER)は35倍と、S&P500種の約2倍となって いる。

インターネット株

ダウ・ジョーンズ・インターネット総合指数は2.2%上昇し、4月 全体の下落率を7.3%に縮めた。この日はトリップアドバイザー が4.6%、ヤフーが5.4%それぞれ上げた。

ツイッターは通常取引を4.6%高で終了。時間外取引では8.7%下げ ている。同社が発表した1-3月(第1四半期)決算資料によれば、同 四半期にユーザー数は2億5500万人に達したが、伸び率は前期の30%か ら25%に鈍化した。

eベイは午後4時33分現在、3.1%安。同社発表によると、4-6 月(第2四半期)の売上高は43億3000万-44億3000万ドル、一部項目を 除く1株利益は67-69セントの見通し。ブルームバーグがまとめたデー タによると、アナリストの予想平均は売上高44億ドル、1株利益70セン トだった。

JPモルガンのリース氏は「利益確定の動きや、ほかのセクターに 物色対象が移ることは健全だ。優良成長株は底入れし始めている。銘柄 選択の好機だ」と述べた。

増益率予想

S&P500種の構成銘柄でこの日に決算を発表するのは37社。ブル ームバーグがまとめたアナリスト予想によれば、同指数構成銘柄の増益 率は3.4%。17日時点の予想は0.7%だった。増収率予想は2.8%。

ブルームバーグのデータによれば、S&P500種構成銘柄でこれま でに決算を発表した279社のうち、約74%は利益がアナリスト予想を上 回っている。

FOMC定例会合がこの日から2日間の予定で始まった。ブルーム バーグがまとめたエコノミスト調査では、FOMCは4会合連続で月間 の資産購入額の縮小を発表すると予想されている。

原題:U.S. Stocks Rise as Technology Shares Rally Amid Earnings, Fed(抜粋)

--取材協力:Emma O’Brien、Inyoung Hwang、Cecile Vannucci、Claudia Carpenter、Paul Dobson、Shelley Smith、Jonathan Burgos、Pratish Narayanan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE