コンテンツにスキップする

米メルク:1-3月期利益は市場予想上回る、研究費など削減

米製薬会社で売り上げ2位のメルク の1-3月(第1四半期)決算は利益がアナリスト予想を上回った。販 売促進費用や研究費の削減が寄与した。

29日の発表資料によると、一部項目を除くベースの1株当たり利益 は88セント、ブルームバーグがまとめたアナリスト16人の予想平均を9 セント上回った。売上高は103億ドルと、前年同期の107億ドルから減少 した。通期業績見通しは従来予想と変わらず。

純利益は7%増の17億1000万ドル(約1756億円、1株当たり57セン ト)。前年同期は15億9000万ドル(同52セント)だった。

同社は昨年、10億ドルの削減を目指し、研究開発、営業および経営 部門の従業員8500人の削減を発表した。1-3月決算では研究開発部門 のコストが前年同期から17%減の15億7000万ドル、販売促進・管理コス トは8%減の27億3000万ドルと、人員削減の効果が見られた。

原題:Merck Profit Beats Analysts’ Estimates on Research Cost Cuts (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE