コンテンツにスキップする

スペイン:1-3月失業率は25.9%、2四半期連続で上昇

スペインでは1-3月(第1四半 期)に失業率が2四半期連続で上昇し、景気回復の脆弱(ぜいじゃく) 性が示唆された。

国家統計局の29日の発表によると、第1四半期の失業率は25.9%と 前四半期の25.7%(改定値)から上昇。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト4人の予想中央値に一致した。

欧州連合(EU)の欧州委員会は先月、スペインの失業率の「警戒 すべき水準が目先、最も緊急の懸念材料」と指摘し、雇用契約や雇用者 の税負担についての法の調整を勧告した。

原題:Spanish Unemployment Rises for Second Quarter Showing Weakness(抜粋)

--取材協力:Harumi Ichikura、Sharon Smyth、Ben Sills.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE