コンテンツにスキップする

米BOA:自社株買いと増配を取りやめ、資本計画を再提出へ

監督当局から先月に増配の許可を得 ていた米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)は28日、当局に提出した 資本計画に誤りがあったとして、増配および40億ドル(約4100億円)の 自社株買いをいったん取りやめると発表した。

同行は連邦準備制度理事会(FRB)に資本計画を提出し直すとい う。先に提出した計画は、メリルリンチ部門が発行した仕組み証券での 累積実現損失に関する調整が誤っていたと説明している。

ブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)はBOAの四半 期配当を1株当たり5セントと1セントから引き上げる計画だった。同 行は金融危機さなかの5年前に配当を1セントに引き下げていた。この 日の発表によると、修正した資本計画に基づく配当額は当初計画よりも 低くなる見込み。

発表によると、3月31日時点のTier1資本比率は11.9%で当初 の当局への提出資料よりも21ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低かった。Tier1レバレッジレシオは7.4%で当初よ り12bp低い。

FRBの別の発表文によると、BOAは30日以内に資本計画を再提 出し、他に誤りがないかどうかの審査を受けなければならない。

原題:BofA Suspends Buyback, Dividend Increase After Finding Error (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE