コンテンツにスキップする

シーメンス、三菱重にVAIメタルズの過半数株売却へ-関係者

欧州最大のエンジニアリング会社、 ドイツのシーメンスは、傘下部門VAIメタルズ・テクノロジーズの過 半数株式を三菱重工業に売却することで合意した。計画に詳しい関係者 2人が明らかにした。

非公開情報であることを理由に匿名で語った同関係者によれば、シ ーメンスは将来的な事業関係を見据え、オーストリアのリンツを本拠と するVAIメタルズの株式30%は今後も保有する。同部門は7000人の従 業員を抱え、鉄鋼業界向け工場のデザインと建設、保守を手掛ける。売 却合意についてはオーストリア紙オーバーエスターライヒが26日に報じ ていた。

ソシエテ・ジェネラルのアナリスト、ガエル・デブレイ氏の昨年9 月7日時点の試算によれば、VAIは8億ユーロ(約1135億円)と評価 され得る。事情に詳しい関係者が昨年12月に明かしたところによれば、 シーメンスは同部門売却を模索していた。

関係者によれば、シーメンスのジョー・ケーザー最高経営責任者 (CEO)はVAIの過半数株式売却を5月7日に発表する。2005年に 買収したVAIの市場について、シーメンスのオーストリア部門トップ のウォルフガング・ヘスン氏は昨年12月16日、極めて困難で機会が縮小 していると述べていた。

原題:Siemens Said to Plan VAI Metals Technologies Sale to Mitsubishi(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE