コンテンツにスキップする

北海ブレント原油、上昇-米が対ロシア追加制裁へ

ロンドン市場の北海ブレント原油相 場は28日の時間外取引で約3週間ぶりの大幅下落から反発。ウクライナ 情勢に絡み米国がロシアに対して追加制裁を実施する方針を表明した。 ニューヨーク市場のウェスト・テキサス・インターミディエート (WTI)原油も上昇。

ICEフューチャーズ・ヨーロッパ(ロンドン)のブレント先物6 月限は一時、20セント高の1バレル当たり109.78ドルを付けた。シドニ ー時間午前9時6分(日本時間同8時6分)現在、109.75ドルで推移。 先週末25日には0.7%安の109.58ドルで引けた。下落率は7日以降で最 大。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は一 時、29セント(0.3%)高の100.89ドルを付けた。ブレントとの価格差 は8.95ドル。先週末25日は8.98ドルで、過去6週間の終値ベースでは最 大だった。全限月の取引高は100日平均を約39%下回った。

原題:Brent Rises With WTI as Further Sanctions on Russia Threatened(抜粋)

--取材協力:Anthony DiPaola.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE