コンテンツにスキップする

4月25日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:円が上昇、ウクライナ情勢の緊迫で逃避需要

ニューヨーク外国為替市場では円が高い。対円では1週間ぶりの高 値を付けた。オバマ米大統領が対ロシアの追加制裁について欧州首脳と 協議したため、円への逃避需要が強まった。

ルーブルはロシア中央銀行の通貨バスケットに対して10日ぶりの低 水準に下落。格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が ロシアのソブリン格付けを引き下げたことが嫌気された。ドルは週間で ユーロに対し下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)は来週、定例会 合を開く。通貨ボラティリティ指数は2007年以来の低水準となった。

チャプデレーン(ニューヨーク)の為替責任者、ダグラス・ボース ウィック氏は電話インタビューで、「ロシアと同国企業の格下げは今後 もあるだろう」と予想。「地政学的な緊張を背景に対円でドルが売られ ている」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで前日比0.2%高の1 ドル=102円16銭。一時は101円96銭と、17日以来の高値を付けた。週間 では0.3%高。対ユーロでは前日比0.2%上昇の1ユーロ=141円30銭。 ドルは対ユーロでほぼ変わらずの1ユーロ=1.3834ドル。週間で は0.2%下げた。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は1011.02。前日には一時8日以来の高水準となる1012.74まで 上昇した。

JPモルガン・チェースのG7ボラティリティ指数は5ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)低下の6.22%と、2007年7月以来の低 水準。金融危機に見舞われていた08年10月には26.55%まで上昇した。

ロシア

S&Pは25日、ロシアのソブリン格付けを投資適格級としては最低 の「BBB-」に引き下げたと発表した。一段の成長が鈍化し、米欧が ウクライナをめぐり追加制裁を発動すれば、追加格下げの可能性もあ る。

ルーブルは通貨バスケットに対して0.8%安の42.2707。前日に は0.3%下げていた。

ロシア中銀が1週間物レポ金利を7.5%と、7%から引き上げたも のの、ルーブルは軟調な地合いが続いた。ブルームバーグがエコノミス ト23人を対象に実施した調査では22人が金利据え置きを予想、1人だけ 8%への利上げを見込んでいた。

「今回の利上げでは不十分」

UBSの新興市場クロスアセット戦略責任者、バーヌ・バウェジャ 氏は「利上げは短期的には投機家を失望させる可能性があるが、大局に 変わりはないと思う」と述べた。さらに、「ロシアがウクライナ東部に 侵攻するとの懸念が現実となれば、今回の利上げではルーブルを安定さ せるには十分ではないだろう」と続けた。

主要7カ国(G7)は対ロシアで新たな措置を講じる準備を進めて いると、ドイツのメルケル首相が明らかにした。ロシアはウクライナと の国境付近で新たな軍事演習を開始し、ウクライナ国内2都市で起きた 爆発では8人の負傷者が出た。

ソシエテ・ジェネラルのグローバルストラテジスト、キット・ジャ ックス氏は「市場が紛争を懸念しているのは明らかだが、影響は通貨市 場よりも株式市場で鮮明に表れている」と指摘。「外為市場は気を揉ん でいないわけではない。事態が言葉の応酬を超えてエスカレートするこ とはないとの見方に、ゼロ金利の世界では逆らえないだけだ」と語っ た。

原題:Yen Rises to Highest in Week on Ukraine Haven Bid; Ruble Falls(抜粋)

◎米国株:ナスダック中心に下落、アマゾン決算が売り誘発

米株式相場は下落。株価のバリュエーションを正当化するには業績 の伸びが十分ではないとの懸念を背景に、ナスダック総合指数は2週間 ぶりの大幅安となった。

アマゾン・ドット・コムは9.9%安。4-6月(第2四半期)には 営業損失を計上するとの見通しを示した。ブロードコムを中心にテクノ ロジー株が安い。ビザは5%下落。同社の四半期収入は市場予想に届か なかった。フォード・モーターは3.3%安。利益がアナリスト予想を下 回った。

ナスダック総合指数は1.8%下げて4075.56。S&P500種株価指数 は前日比0.8%安の1863.40。週間では0.1%安。ダウ工業株30種平均は この日140.19ドル(0.9%)下落の16361.46ドル。小型株で構成するラ ッセル2000指数は1.9%値下がりした。

フロスト・インベストメント・アドバイザーズ(サンアントニオ) のトム・ストリングフェロー社長兼最高投資責任者(CIO)は電話イ ンタビューで、「テクノロジー大手の一部決算が大きなサプライズとな ったが、不安の壁を打ち崩すには十分でなかった」と指摘。「ロシア軍 がウクライナとの国境に集結しており、欧州で事業を展開するあらゆる 企業に対して神経質になる環境だ。相場上昇の日があまりにも多いこと に敏感になってきている。いずれ下落するのは避けられない」と述べ た。

アマゾンの決算やウクライナへのロシアの関与が直近の材料となっ たものの、この日の相場下落は過去1カ月にわたる米国株売りの動きと 共通点が多い。

ハイテク株の下げきつい

5年間に及ぶ強気相場で大きく上昇してきたテクノロジー株の下げ が最もきつかった。ナスダック100指数の下げ幅はS&P500種の2倍と なった。ナスダック総合指数の株価収益率(PER)は34.5倍と、S& P500種の2倍となっている。

4月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数 (確定値)は84.1と、4カ月ぶり低水準だった前月の80から上昇した。 ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は83だった。

ブルームバーグのデータによれば、S&P500種構成銘柄でこれま でに決算を発表した239社のうち、75%は利益がアナリスト予想を上回 った。売上高が予想を上回ったのは53%だった。

S&P500種の業種別10指数中8指数が下落。アマゾンの下げに伴 い、消費者サービス株指数の下げが目立った。一方、公益株指数は値上 がりした。

ビザやフォードが安い

アマゾンは9.9%安の303.83ドルと、昨年10月以来の安値。オンラ イン小売りで世界最大手の同社は利益を犠牲にして事業拡大に資金を注 ぎ込んでいる。

ブロードコムは4.4%安と、昨年7月以来の大幅な下げ。ニーダム は同社の投資判断を引き下げた。

ビザは5%安。1-3月(第2四半期)の収入は市場予想に届かな かった。ドルの上昇で4-6月の業績の伸びも圧迫されるとの見方を示 した。

フォードは3.3%安。品質保証の関連コスト増加と悪天候が1-3 月(第1四半期)業績への重しとなった。

原題:Nasdaq Leads U.S. Stocks Lower as Amazon Results Trigger Selloff(抜粋)

◎米国債:上昇、30年債利回りは9カ月ぶり低水準

25日の米国債は上昇。30年債利回りは9カ月ぶり低水準をつけた。 ロシアとウクライナの対立を背景に投資家は米国債に安全性を求めた。

10年債利回りは5日連続で低下。オバマ米大統領と欧州主要国首脳 は対ロシア追加制裁について協議した。ケリー米国務長官は、ロシアが ウクライナの緊張緩和に費やせる時間は少なくなりつつあると警告し た。30年債の年初からのリターンは10%を超えた。これは少なくとも過 去およそ25年間で最高の滑り出しとなっている。

RWプレスプリッチの政府債取引担当マネジングディレクター、ラ リー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は、「地政学的レベルで状 況が過熱している。ウクライナ情勢をめぐる緊張の高まりが米国債相場 を押し上げている」と述べ、「素晴らしい内容の統計は発表されておら ず、投資家が政治問題の行方を見守る中で利回りは低水準で推移してい る」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後5時現在、30年債利回りは前日比1ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)低下の3.44%。利回りは一時、昨年7月3日以来の低水準 をつけた。

10年債利回りは2bp下げて2.66%。同年債(表面利 率2.75%、2024年2月償還)価格は5/32上げて100 23/32。

ウクライナ問題

ED&Fマン・キャピタル・マーケッツの金利部門責任者、トーマ ス・ディ・ガロマ氏は「ウクライナ問題は引き続き、逃避需要による買 いを招くとみている。プーチン大統領が一歩も引かないことは明らかで あり、米国の姿勢も強さを増している」と述べた。さらに、「市場の警 戒感は強く、安全資産を持たずに週末を迎えようとする投資家はいな い」と続けた。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのデータによる と、30年債は昨年末から前日までのリターンは10.3%と、1988年以降で 最高のパフォーマンス。米国債全体は2.1%上昇。S&P500種株価指数 は2.3%高となっている。

低インフレ見通しを材料に長期債が上昇している一方で、償還期限 の短い国債債は米金融当局が来年利上げに踏み切るとの観測を背景に伸 び悩んでいる。2年債と30年債の利回り格差は3.01ポイントと、昨年6 月以来の最小となった。

30年債の実質利回り

ブルームバーグがまとめたデータによると、30年債の実質利回りは 昨年11月以来約1ポイント低下して1.94%と、昨年8月以来の低水準を つけた。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想によると、今月30日に 発表される今年1-3月(第1四半期)の実質国内総生産(GDP、季 節調整済み、年率)は1.2%増と、前四半期(2.6%増)の半分以下にな ると予想されている。個人消費支出(PCE)価格のコア指数は年 率1.2%上昇と、前四半期の1.3%上昇からの鈍化が見込まれている。

次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)は29-30日に開かれる。 ブルームバーグがアナリストを対象にまとめた予想では、引き続き債券 購入プログラムの縮小が決定される。

CMEグループの先物取引動向によれば、2015年6月に利上げが開 始される確率は47%と市場はみている。1カ月前は63%だった。

原題:Treasuries Rise With 30-Year Yield at 9-Month Low on Ukraine(抜粋)

◎NY金:3日続伸、ウクライナ情勢緊迫で空売り解消

ニューヨーク金先物相場は3日続伸した。ウクライナをめぐる緊張 が再燃する中、金を見直す動きが広がった。

ロジック・アドバイザーズのパートナー、ビル・オニール氏は電話 インタビューで、「こうした状況をめぐり市場は非常に神経質になっ た」と指摘。「最近建てたショートポジションを解消する動きが見られ る」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.8%高の1オンス=1300.80ドルで終了した。

原題:Gold Caps Longest Rally in Six Weeks on Ukraine-Russia Tensions(抜粋)

◎NY原油:反落、2週ぶり安値-在庫増加と株安で

ニューヨーク原油相場は反落。米株式相場の下落と原油在庫の増加 を背景に、2週間ぶりの安値で引けた。

IAFアドバイザーズ(ヒューストン)の商品調査ディレクター、 カイル・クーパー氏は電話取材に対し、「現物市場にも需給ファンダメ ンタルにも強材料は見当たらない」と指摘。「株価は下げている。石油 市場は短期的なマネーの流れに左右される。恐らく100ドルを試すだろ う」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・イ ンターミディエート(WTI)先物6月限は前日比1.34ドル(1.31%) 安の1バレル=100.60ドルで終了した。終値ベースで7日以来の安値。

原題:WTI Crude Falls to Two-Week Low as Stocks Drop; Brent Gap Widens(抜粋)

◎欧州株:下落、ネステに失望売り-ウクライナ情勢も注視

25日の欧州株式相場は下落し、指標のストックス欧州600指数は週 間ベースでの上げ幅を縮小した。ネステ・オイルやサンドビックの四半 期利益が予想を下回ったほか、ウクライナをめぐるロシアと米国の緊張 の高まりも影響した。

フィンランドの石油精製会社ネステは5.1%安。同社は2014年通期 利益見通しを下方修正した。スウェーデンの金属切削工具メーカー、サ ンドビックは3%下落。ドイツ銀行は2%下げた。同行が増資を実施す るとの観測の高まりから売られた。

ストックス欧州600指数は前日比0.8%安の333.50で終了。前週末比 では0.3%上げている。

BGL・BNPパリバの株式ストラテジスト、ギヨーム・デュシェ ーヌ氏(ルクセンブルク在勤)は電話インタビューで、「決算はあまり 良くない」とし、「期待は比較的低く、過去1カ月で下方修正された。 ロシア問題がまだある。状況がどのように展開するか分からない」と語 った。

25日の西欧市場ではノルウェーを除く17カ国で主要株価指数が下 落。英FTSE100指数は0.3%安。独DAX指数は1.5%、仏CAC40 指数は0.8%それぞれ下げた。

原題:European Stocks Decline Amid Earnings Shortfalls as Neste Slides(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債が上昇-ウクライナ情勢で質への逃避強まる

25日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇し、10年債利回りは1週間 ぶり低水準となった。ウクライナをめぐる緊張の高まりで、域内で最も 安全とされるドイツ国債を求める動きが強まった。

今週はドイツ企業の景況感改善やユーロ圏の製造業とサービス業の 活動拡大が示されたものの、ドイツ国債は週間ベースでも上昇した。こ の日はスペイン国債も値上がり。フィッチ・レーティングスが同国の信 用格付けを引き上げた。オランダとオーストリアの国債も上げた。ウク ライナが同国東部での反テロ作戦で分離主義者5人を殺害したことを受 け、ロシアのプーチン露大統領は24日に親ロ派に対する攻撃継続には結 果が伴うと警告したことが背景にある。

ダンスケ銀行のアナリスト、オーウェン・カラン氏(ダブリン在 勤)は「ドイツ国債はよく支えられているが、これはほとんどロシアと ウクライナの情勢によるものだ」と指摘。「最近の経済データはかなり 良い内容だが、ドイツ債を売る取引はウクライナ情勢が難しくしてい る」と発言した。

ロンドン時間午後4時47分現在、ドイツ10年債利回りは前日比4ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.49%。一時は16日以 来の低水準となる1.48%まで下げた。前週末比では3bp低下。同国債 (表面利率1.75%、2024年2月償還)価格はこの日、0.395上 げ102.385。

ケリー米国務長官は24日、ウクライナの緊張緩和を目指すジュネー ブ合意について、ロシアの合意順守は時間切れになりつつあると警告。 ロシアはウクライナとの国境付近で新たな軍事演習を開始した。これを 受けてオバマ米大統領はこの日、ドイツのメルケル首相ほかフランスと 英国、イタリアの首脳らとの電話会談で対ロ制裁強化を話し合った。

スペイン10年債利回りは2bp下げ3.06%。フィッチはスペインの 格付けを「BBB+」とし、従来の「BBB」から引き上げた。

原題:German Bonds Advance as Ukraine Tensions Prompt Sanctions Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE