コンテンツにスキップする

米大統領:作戦統制権の韓国委譲延期も-日韓には協力促す

米政府は北朝鮮の核武装の脅威が強 まっていることを理由に、韓国への戦時作戦統制権委譲を先送りする方 向で検討していることを明らかにした。

オバマ大統領は25日、ソウルで行われた韓国の朴槿恵(パク・ク ネ)大統領との共同記者会見で、「北朝鮮の核ミサイルによる脅威に緩 和の気配がない事実など、朝鮮半島の安全保障をめぐる環境が変化して いることを考慮し、2015年をめどとしていた委譲の工程表を見直す可能 性が出てきた」と述べた。朴大統領はこれに対し、委譲がいつになるの か現時点で可能性を示すのは時期尚早だと述べた。

オバマ大統領はまた、韓国と日本に対し、3月にオランダ・ハーグ で実現した3カ国首脳会談を踏まえ、アジア地域のためにともに取り組 むよう促した。

「過去は誠実かつ公正に向き合うべきもの」だが、「過去を振り返 ると同様に未来に目を向けることが」日韓の利益になると安倍首相は認 識している、とオバマ大統領は述べた。

原題:Obama Considers Delaying Handover of South Korea Wartime Command(抜粋)

--取材協力:Eunkyung Seo、Phil Mattingly.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE