コンテンツにスキップする

印マルチ・スズキ:1-3月利益、予想に届かず-在庫が圧迫

インド最大の乗用車メーカー、マル チ・スズキ・インディアの1-3月(第4四半期)の純利益は市場予想 を下回った。販売の伸び悩みに加え、ディーラーの在庫が利益率を圧迫 した。

スズキのインド子会社であるマルチ・スズキが25日発表した資料に よれば、純利益は80億ルピー(約135億円)と、前年同期の124億ルピー から減少。ブルームバーグがアナリスト25人を対象にまとめた予想中央 値は91億ルピーだった。

売上高は1180億ルピーに減少。アナリスト32人の予想中央値(1233 億ルピー)にも届かなかった。

業界全体のインド乗用車販売台数は3月末までの1年間に6.1%減 と、10年余りで初の年間ベースでの減少となった。マルチ・スズキのイ ンド販売台数はほぼ変わらずの105万台だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE