コンテンツにスキップする

米当局はBOA和解130億ドル強求める、RMBS販売-関係者

米司法省は米銀バンク・オブ・アメ リカ(BOA)に対し、住宅ローン担保証券(RMBS)販売をめぐる 連邦、州当局の調査を決着させるため130億ドル(約1兆3300億円)強 を求めている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

BOAは先月、連邦住宅金融局(FHFA)との訴訟で95億ドルの 支払いに同意した。関係者2人によると、BOAが合意すれば、これに 加えて和解金を支払うことになる。同関係者によれば、合意は今後2カ 月以内に成立する可能性がある。

司法省の意向通りとなれば、BOAの和解規模は、昨年11月に同様 の問題でJPモルガン・チェースが支払いに同意した130億ドルを上回 り、金融機関が米当局に支払う和解金としては過去最高額となる。

米銀2位のBOAを含め少なくとも8行が、住宅価格が下落する中 でRMBSの質について投資家に誤解を与えたとして米司法省や州司法 当局から調査を受けている。問題の住宅ローンの多くは、BOAがカン トリーワイド・ファイナンシャルとメリルリンチを買収した際に引き継 いだものだという。

BOAは今回のケースで引き当てる金額の詳細は明らかにしていな い。今月16日には、住宅ローン問題に絡む引当金を24億ドル積み増した ことを明らかにしていた。

同行広報担当のローレンス・グレイソン氏は交渉に関してコメント を控え、司法省のエレン・カナル報道官も現時点でコメントを避けてい る。

関係者によると、現在の交渉は連邦・州当局による民事上の調査の 決着を目指したもので、まだ初期段階。合意に達しなければ、当局は BOAを相手取り提訴する可能性もあるという。

原題:U.S. Said to Seek More Than $13 Billion From BofA in RMBS Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE