コンテンツにスキップする

米KKR:1-3月期利益は予想以上、保有資産の売却が寄与

ヘンリー・クラビス、ジョージ・ロ バーツ両氏率いる米プライベートエクイティ(PE、未公開株式)投資 会社KKRの1-3月(第1四半期)決算は、利益がアナリスト予想を 上回った。保有資産の売却が寄与した。

24日の発表資料によると、一部コストを除いたベースでの利益の指 標である税引き後のエコノミック・ネット・インカム(純利益)は、5 億9370万ドル(1株当たり82セント)と、前年同期の6億2760万ドル (同88セント)から減少した。ブルームバーグがまとめたアナリスト15 人の予想平均は1株当たり利益が51セントだった。

運用資産は1023億ドルと、昨年末時点の943億ドルから増加した。

KKRによると、PEポートフォリオの価値は1-3月期に4.5% 増。前年同期は5.9%増だった。

原題:KKR First-Quarter Profit Beats Estimates on Sales of Assets (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE