コンテンツにスキップする

米3M:1-3月利益、予想下回る-南米など新興市場低迷で

米日用品・工業品メーカー、3Mの 1-3月(第1四半期)決算は、利益がアナリスト予想を下回った。南 米で需要が落ち込んだほか、為替要因が業績への重しとなった。

24日の発表資料によると、純利益は12億1000万ドル(約1240億円、 1株当たり1.79ドル)と、前年同期の11億3000万ドル(同1.61ドル)か ら6.9%増加したが、調整後1株利益はブルームバーグがまとめたアナ リストの予想値(1.80ドル)に届かなかった。

売上高は2.6%増え78億3000万ドル。アナリスト予想は79億6000万 ドルだった。

中南米とカナダを含む地域の売上高は4.7%減。通貨の下落率は価 格上昇率の6.4%を上回った。為替の影響がなければ、全体の売上高 は4.6%増となっていた。

消費者部門の売上高は0.2%減の10億8000万ドル。ヘルスケア部門 の売上高は4.8%増の13億7000万ドル。同社の最大部門である工業の売 上高は3.1%増の27億8000万ドル。

同社は2014年通期見通しについては、1株利益を7.30-7.55ドル、 買収を除くベースでの増収率を3-6%にそれぞれ据え置いた。

原題:3M Profit Misses Estimates as Emerging Markets Drag on Sales (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE