コンテンツにスキップする

米ベライゾン:新プランが利益圧迫も-AT&Tと同様

米電話会社ベライゾン・コミュニケ ーションズは、分割払いでスマートフォン(多機能携帯電話)を購入す るプランを選ぶ顧客の急増に備えつつある。このプランでは、毎月の請 求額が減る恐れがある。

同業AT&Tの新購入プラン「ネクスト」と同様、ベライゾンの 「エッジ」ではスマートフォンの販売に関して2年契約を結んで値引き を提供するのではなく、正規価格で販売する。AT&Tは新購入プラン の導入により1-3月(第1四半期)に端末の売上高が急増した。ただ ネクストで購入した利用者は、毎月の利用額が2年契約を結んだ利用者 よりも少なくなり、AT&Tとしては利幅が縮小する可能性がある。ベ ライゾンは第1四半期におけるエッジの影響は「最小限」にとどまった と説明したが、将来的には影響はより顕著に表れてくる可能性が高い。 同社は昨年8月にエッジを導入した。

同社の24日発表によると、1-3月の利益は調整後ベースで1株当 たり91セント。アナリスト予想の平均は同87セントだった。

月次契約者数は53万9000人増と、伸びはブルームバーグがまとめた アナリスト9人の予想平均(51万2000人増)を上回った。

この日の米株式市場でベライゾン株は下落。ニューヨーク時間午後 2時43分現在は前日比2.9%安の46.08ドルとなっている。日中の下落率 としては2月3日以来で最大。

原題:Verizon Braces for Installment-Plan Impact After AT&T Surge (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE