コンテンツにスキップする

軍備増強進める中国、新兵募集の標的は大学生-市場も活用へ

中国の人民解放軍は毎年10%を超え る伸びとなっている国防予算を精密誘導兵器や戦闘機、空母の購入に充 ててきた。軍が今目指しているのは、こうした兵器を操作する兵士の確 保だ。

北京の大学でジャーナリズムを学ぶ20歳のウさんにとってこれは、 大学の授業料が支払われる上に生活費として年3500元(約5万7000円) を受け取るということを意味する。公に話すことが禁じられているとし て匿名を条件に取材に応じたウさんによれば、大学では通常の講義に加 え軍事戦略についての特別授業も受けている。2016年予定の卒業後、人 民解放軍に入隊することになっているという。

ウさんは「中国軍の兵器は以前、かなり原始的で、それほど多くの 知識はいらなかった。銃を使えればそれでよかったが、今は優秀な人材 が必要だ」と大学のキャンパスのカフェで話す。

新兵募集で奨励策を強化している中国が手本としているのは米国の 予備役将校訓練課程だ。中国がアジア太平洋地域において力を誇示する ようになる中で、中央軍事委員会のトップでもある習近平国家主席は軍 の実戦準備の向上を優先している。事情に詳しい関係者が今週明らかに したところによれば、中国は軍事技術を開発する機関を上場国有会社に 移管する計画だ。ハイテクを駆使した防衛力を重視し、資本市場の活用 を促すという。

米戦略国際問題研究所(CSIS)で中国問題を担当しているクリ ストファー・ジョンソン氏は「今最も難しいのは技術下士官の募集と引 き留めだ」と述べる。

原題:China Army Targets Students for Officers to Match Modern Weapons(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE