コンテンツにスキップする

米フォーブス誌売却交渉が暗礁に、提示価格高過ぎて-関係者

経済誌「フォーブス」発行元である 米フォーブス・メディアの買い手探しが暗礁に乗り上げている。候補の うち1社が交渉から正式に離脱。事情に詳しい複数の関係者によると、 残る2候補も消極的になった。

ロシア版フォーブス誌を発行するドイツのアクセル・シュプリンガ ーの広報担当者、エダ・フェルス氏は23日、同社がいかなる買収手続き にも加わっていないと述べた。複数の関係者は2月に、同社が買収に関 心を持っていることを明らかにしていた。

関係者の1人が非公開情報として匿名を条件に語ったところでは、 シンガポールのスパイス・グローバル・インベストメンツも買収交渉か ら外れた。別の関係者1人によると、中国の復星国際もしばらく活発な 交渉を行っていない。両関係者によれば、各候補はフォーブス側の提示 価格が高過ぎると結論付けた。

関係者が昨年11月に明らかにしたところでは、フォーブスは4億ド ル(約410億円)以上での身売りを目指してドイツ銀行を起用。今年2 月に最終的な買い手を絞る方針だった。

フォーブス広報担当のミア・カーボネル氏とドイツ銀広報のマユ ラ・フーパー氏にコメントを求めたが、現在のところ返答はない。スパ イス・グローバルと復星国際からのコメントも得られていない。

原題:Forbes Sale Said to Founder as Axel Springer Says It Won’t Bid(抜粋)

--取材協力:Cornelius Rahn、Sanat Vallikappen、Stephanie Wong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE