コンテンツにスキップする

NY金:4日ぶり上昇、米新築住宅販売が減少で逃避需要

ニューヨーク金先物相場は反発。前 日は一時10週間ぶりの安値となっていた。米新築住宅販売が減少したこ とを背景に経済にはなお課題があるとの懸念が台頭、逃避資産とされる 金に買いが入った。3月の米新築住宅販売は市場の予想外に減少し、8 カ月ぶり低水準となった。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レシ ュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「期待外れの住宅指標を受 けて、金は買われているようだ」と指摘。「ウクライナの緊張再燃も一 定の支えになっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.3%高の1オンス=1284.60ドルで終了。4営業日ぶりの 上昇となった。前日は一時1275.80 ドルと、中心限月としては2月11日 以来の安値をつけた。

原題:Gold Rises From 10-Week Low as U.S. Home Sales Spur Haven Demand(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE