コンテンツにスキップする

エラリアン氏:PIMCOのグロース氏は最高の投資家の1人

パシフィック・インベストメント・ マネジメント(PIMCO)の最高経営責任者(CEO)を辞任したモ ハメド・エラリアン氏は、PIMCO共同創業者のビル・グロース氏に ついて、世界最高の投資家の1人だと称賛した。エラリアン氏は3月に PIMCOを退社した後、初めてのテレビインタビューに応じた。

同氏は23日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 「グロース氏の働きぶりを実際に見るという光栄な機会に恵まれた。同 氏はとにかく偉大な投資家だ」と語った。現在はPIMCOの親会社の アリアンツで主任経済顧問を務める同氏は、PIMCOには豊かな人材 プールがあり、常に優秀な人材が大量に控えている。これが強さの鍵 だ」とも話した。

エラリアン氏(55)は、14年在籍したPIMCOを去ったのは別の ことがしたかったからだと述べた。同氏の退社はグロース氏との確執に ついてメディアの憶測を呼んだ。グロース氏は10日のブルームバーグテ レビジョンとのインタビューで、エラリアン氏の退社は自身にとって謎 だとし、同氏を唯一の後継者と決めたのは早計だったかもしれないと語 っていた。

エラリアン氏はこの日のインタビューで、現在は時間の半分をアリ アンツへのアドバイスに使い、残りはブルームバーグ・ビューや英紙フ ィナンシャル・タイムズ(FT)のコラムの執筆、中央銀行についての 著書の準備などに費やしていると語った。娘と過ごす時間も増やしたと いう。PIMCOを去った第一の理由は娘だったと述べた。「子供の人 生には特別な瞬間というのがあるものだ。私はそのあまりにも多くを共 有し損ねていた。つまりそういうことだ」と語った。

また、低リターンと規制強化、世界経済における米国の地位低下と 新興市場の役割拡大を指した「ニューノーマル」の時代に市場があると の見解をあらためて示し、「恒常的な停滞」を意味すると述べた。

米経済は回復しつつあるものの、イエレン米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は金融政策が与える影響を認識しており、当面利上げは しないだろうとも述べた。

原題:El-Erian Says Pimco’s Gross Is One of World’s Best Investors (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE