コンテンツにスキップする

ロシア:国債発行断念、ウクライナ響く-金融市場はトリプル安

ロシアは23日、9年物と5年物のル ーブル建て国債、合計200億ルーブル(約570億円)相当の発行を断念し た。ウクライナの緊張緩和に向けた合意が崩壊寸前となる中で投資家は 高利回りを求め、入札が成立しなかった。毎週行う入札の不成立はここ 8週間で7回目。

財務省のウェブサイトでの発表によると、適正な価格での応札がな かったため、9年債と同額の5年債の発行を見送った。この日の市場で は株と債券、通貨がトリプル安となった。

米国寄りのウクライナ政権は東部の親ロシア武装勢力の掃討作戦を 再開しようとしている。ロシアのラブロフ外相は、ウクライナでの同国 の権益が攻撃を受ければロシア政府は行動で応じると言明。緊張緩和に 向けた17日の合意の順守が危ぶまれている。

ロシア株の指標のMICEX指数は前日比0.5%安の1329.11で終 了。2027年2月償還のルーブル建て債の利回りは7ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の9.17%。ルーブルはロシア中央銀行の 通貨バスケットに対し0.2%安の41.8787ルーブル。

原題:Russia Bond Sales Fail as Ruble to Micex Drop on Ukraine Tension(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE