コンテンツにスキップする

香港株:H株指数、1カ月ぶり安値-中国製造業PMIを嫌気

香港株式市場ではハンセン中国企業 株(H株)指数が約1カ月ぶりの安値となった。英HSBCホールディ ングスとマークイット・エコノミクスが発表した4月の中国製造業購買 担当者指数(PMI)速報値で4カ月連続の活動縮小が示され、中国が 今年の成長率目標を達成できないとの懸念が強まった。

H株指数は前日比1.2%安の9905.63。一時は0.6%高となる場面も あった。ハンセン指数は同221.04ポイント(1%)安の22509.64で終了 した。

パターソンズ・セキュリティーズのエコノミスト、トニー・ファー ナム氏(パース在勤)は電話取材に対し、「中国の今年の成長率目標で ある7.5%がガイダンスの上限になるかもしれないとの見方がある」と 指摘。「実際の成長率はそれをやや下回る可能性がある」と述べた。

石炭生産の中国中煤能源(1898 HK)は3%安、中国神華能源 (1088 HK)は2.3%安。1-3月(第1四半期)に3四半期連続の減益 となったチャイナ・モバイル(中国移動、941 HK)は2.6%下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE