コンテンツにスキップする

鉄連会長:「非常に驚いた」中国船舶差し押さえ、現状影響懸念はない

日本鉄鋼連盟の友野宏会長(新日鉄 住金副会長)は23日の定例会見で、商船三井の船舶が中国で差し押さえ られたことについて「非常に驚いた」と述べた。

友野会長は、鉄鋼業界に影響が及ぶ懸念については「現時点では情 報を十分に把握できておらず、すぐに懸念につながるようなことではな い」との認識を示した。

韓国などから高水準の鋼材輸入が続いていることに関しては「現状 の為替水準で採算面を考えれば海外ミルからこれだけ大量に日本にもっ てくるのは考えづらい」と指摘。新興国での需要鈍化も影響していると の見方を示しながらも、「この環境下でこれだけたくさん入ってくるの は疑問に感じている」として、鉄連として各国からの輸入動向を調査し ていく考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE