コンテンツにスキップする

田中貴金属:1-3月の金地金販売2.2倍、増税前駆け込みで3月突出

地金商国内最大手の田中貴金属工業 は23日、今年1-3月の資産用金地金の販売量が前年同期に比べて2.2 倍に増えたと発表した。消費増税前の駆け込み需要の影響もあり、3月 だけで同期間の販売量の約6割を占めたという。

1-3月の販売量は1万2557キロ。販売価格は年初から3月中旬に かけて上昇傾向にあったが、販売量は伸びた。同期間の平均販売価格 (税抜き)は1グラム当たり4319円。前年同期は4873円。一方、顧客か らの買取量は同44%減の7448キロだった。販売量が買取量を上回るのは 2四半期連続となる。

プラチナ地金の販売量は同17%減の1206キロ、買取量は同48%減 の1470キロだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE