コンテンツにスキップする

豪州:1-3月インフレ率は予想下回る-低金利継続の余地

オーストラリアの1-3月(第1四 半期)の消費者物価指数(CPI)では、コアインフレを示すトリム平 均の上昇率がエコノミストの予想を下回った。低金利を維持する期間を 延長する余地を豪準備銀行(中央銀行)に与える内容となった。

豪統計局の23日の発表によると、トリム平均は前期比0.5%上昇。 エコノミスト25人の予想中央値では0.7%上昇が見込まれていた。全体 のCPIは前期比0.6%上昇。市場予想の中央値は0.8%上昇だった。

豪ドル高が成長の重しとなり、鉱業投資ブームがピークを迎える 中、豪中銀は2011年後半から計2.25ポイントの利下げを実施。政策金利 を過去最低の2.5%まで引き下げた。

ムーディーズ・アナリティクスのエコノミスト、カトリナ・エル氏 は統計発表前に、「今回の統計は政策金利を低水準に抑える必要性の裏 付けを豪中銀に与えるだろう」と指摘。「内需が悪化した場合に追加利 下げを実施する機会も提供する」と述べた。

豪中銀は平均2-3%のインフレ目標を掲げている。1-3月期の CPIは前年同期比では2.9%上昇。エコノミストの予想は3.2%上昇だ った。

原題:Australian Consumer Prices Rise Less Than Forecast; Aussie Drops(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE