コンテンツにスキップする

チャイナ・モバイル:1-3月減益、アイフォーン販促費響く

加入者数で世界最大の電話会社、チ ャイナ・モバイル(中国移動)の1-3月(第1四半期)は、3四半期 連続の減益となった。取り扱いを始めた米アップルの「iPhone (アイフォーン)」の販促コストや通信網構築費用の増加が響いた。

同社が22日発表した資料によると、1-3月期の純利益は約9.4% 減の252億4000万元(約4150億円)。ブルームバーグ・ニュースがまと めたアナリスト5人の予想中央値(270億元)を下回った。売上高は 約7.8%増の1548億元。アナリスト5人の予想中央値は1420億元だっ た。

チャイナ・モバイルはアップルとの6年越しの交渉を昨年12月にま とめ、今年1月からアイフォーンの取り扱いを始めた。

原題:China Mobile Profit Drops as IPhone Subsidy Boosts Carrier Costs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE