コンテンツにスキップする

中国の不良債権比率が上昇、リスク高まる-華融資産管理

中国の不良債権比率が1-3月(第 1四半期)に「大きく」上昇し、国内の銀行業界にとってのリスクが高 まっている。不良債権の運用で中国最大手の中国華融資産管理がこうし た見方をしていることが分かった。

北京に本社を置く同社がウェブサイトに22日掲載した資料によれ ば、頼小民会長は15日の内部会合で、貸し手の金融機関が資産の質や流 動性、融資の利益率をめぐる圧力に直面しており、今年の事業環境は 「厳しく、複雑」になっていると述べた。

頼会長によれば、華融資産は1-3月期の利益が前年同期比75%増 の51億元(約840億円)と、目標を上回った。

原題:China Bad-Loan Ratio Rises ‘Significantly,’ Huarong Asset Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE