コンテンツにスキップする

ロシア、ウクライナの銀行4行のクリミア拠点を閉鎖

クリミア統合を推し進めるロシアは ウクライナの銀行4行のクリミア拠点を閉鎖した。先週末にウクライナ 東部で銃撃戦があり、ロシアと米国は非難合戦を繰り広げている。

ロシア中央銀行はウェブサイトに掲載した声明で、プリバトバンク やVABバンクなど4行が業務を停止したまま再開の兆しが見られず、 預金者の法的権利を侵害しているためクリミア拠点を閉鎖すると説明し た。このほかイタリアの銀行ウニクレディト、オーストリアのライファ イゼン・バンク・インターナショナルとロシアの民間銀行最大手アルフ ァ・バンクも事業活動を行う法的基盤がなくなったとしてクリミア事業 を停止している。

原題:Russia Closes 4 Ukrainian Banks in Crimea Amid Integration Push(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE