コンテンツにスキップする

シティがカリフォルニア州約50支店の売却検討-預金30億ドル

米銀3位のシティグループは、従来 型の支店を削減する計画の一環として、カリフォルニア州にある約50支 店の売却先を探している。これらの支店が保有する預金総額は30億ドル (約3080億円)に上る。売却プロセスに関与する関係者3人が明らかに した。

協議の非公開を理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、売 却対象となる支店はサクラメントからロサンゼルス北部の周辺地域に立 地し、売却額は1億ドルを上回る可能性がある。米連邦預金保険公社 (FDIC)によれば、シティは昨年6月末時点でカリフォルニア州 に384の支店を持ち、預金額は480億ドル近くに達する。関係者によれ ば、同行はロサンゼルスとサンフランシスコ、サンディエゴの支店は維 持したい意向という。

シティの広報担当アンドルー・ブレント氏は、市場のうわさにはコ メントしないと回答した。

シティのマイケル・コルバット最高経営責任者(CEO)は、世界 の主要150都市に集中する戦略を推進し、米国内と海外の支店の再編に 動いている。昨年12月にはテキサス州の21の支店をBB&Tに売却し た。届け出によれば、シティは昨年末時点で全世界に3700を上回る拠点 を持つが、米国内は1000未満にとどまっている。

原題:Citigroup Said to Seek Bidders on 50 California Branch Outlets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE