アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場はイースターマンデー(復活祭翌日の月曜日)の祝日 のため休場。取引は22日に再開される。

【中国株式市況】

中国株式相場は3営業日続落。上海総合指数が3月10日以来の大き な下げで取引を終えた。新規株式公開(IPO)再開で既存銘柄から資 金が離れるとの懸念が広がった。

消費関連銘柄が安い。長城汽車(601633 CH)は4.6%安。中国のア ルミニウム生産最大手、中国アルミ(チャルコ、601600 CH)は2.4% 安。銅生産の江西銅業(600362 CH)は2.7%下げた。

中国証券監督管理委員会(証監会)は、28社のIPO目論見書をウ ェブサイトに先週掲載。同国紙の第一財経日報は、証監会が1月に停止 していたIPO計画の承認審査を今週開始すると報じた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動する 上海総合指数は前週末比31.92ポイント(1.5%)安の2065.83で終了。 上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は前週末比1.7% 安の2187.25。

華泰証券の周林アナリストは「投資家は依然IPO再開を主な懸念 材料とみている」と指摘。「IPOに伴って流動性が引き締め気味にな る可能性や、承認ペースが予想より速まるとの懸念がある。株価は月内 下落する公算が大きい」と述べた。

【インド株式市況】

21日のインド株式市場では、S&Pセンセックス指数が過去最高値 に上昇した。工業や金属、銀行株が高い。

資産家アニル・アガルワル氏が率いる鉱山会社セサ・スターライト はS&Pセンセックス指数の構成銘柄中で値上がり率トップとなった。 1年半続いている西部ゴア州での鉄鉱石の採掘禁止措置について、最高 裁判所が採掘再開を認めたことが背景にある。エンジニアリング会社の ラーセン・トゥブロは約3年ぶり高値。インドステイト銀行は続伸し た。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前営業日比135.99ポイント (0.6%)高の22764.83で終了。年初来では7.5%上昇している。

【オーストラリア株式市況】

オーストラリア株式市場はイースターマンデーの祝日のため休場。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比5.06ポイント(0.3%)安の1999.22。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比15.47ポイント(0.2%)安の8951.19。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE