コンテンツにスキップする

アコムなどノンバンク株が急伸、貸金業者の金利規制緩和報道で

アコム、アイフルなどノンバンク株 が急騰。自民党が貸金業の金利規制の緩和を検討しているとの報道を受 け業績改善期待が高まった。アコム、アイフル株がストップ高となり、 それぞれ442円、391円まで上昇。オリエントコーポレーションやクレデ ィセゾン株も軒並み高くなった。

19日付日経新聞朝刊は、自民党が健全経営と認められた貸金業者に 限り貸出上限金利を現在の20%から2010年まで適用していた29.2%に戻 す法改正を検討していると報じた。銀行融資を受けにくい中小零細企業 が消費者金融から借り入れしやすくする狙いだという。ただ、金利を規 制している利息制限法や出資法の改正などには触れていない。

クレディ・スイス証券の山中威人アナリストは、21日付リポートで 規制緩和の「議論が進めば株価にポジティブ」と指摘。しかし、実際に 議論が進展するかどうか「現時点で確認できない」としている。また、 中小企業の資金繰り支援が名目であれば、一般個人向け消費者ローンな ど、収益全体への影響は限定的となる可能性もあるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE