コンテンツにスキップする

ノーベル賞作家のガルシアマルケス氏が死去、87歳で

小説「百年の孤独」の著者で、魔術 的リアリズムの旗手として世界の注目を集めたノーベル賞作家のガブリ エル・ガルシアマルケス氏が死去した。87歳だった。

マルケス氏が17日にメキシコ市内の自宅で家族に見守られながら息 を引き取ったと、メキシコ当局者が電話取材に対して語った。

1967年出版の「百年の孤独」で富と名声を得て世界の指導者と交 流。母国のコロンビアでは政府と反体制派との仲介役を務めた。キュー バのカストロ前国家評議会議長を長期にわたり支援し、友人でもあっ た。82年にノーベル文学賞を受賞した。

原題:Gabriel Garcia Marquez, Nobel Prize-Winning Novelist, Dies at 87 (抜粋)

--取材協力:Carlos Manuel Rodriguez、Jose Enrique Arrioja.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE