アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は続伸。テクノロジー株が買われたほか、3月の米鉱 工業生産指数が予想を上回る伸びを示したことが材料視された。親会社 の金融事業買収で合意した中信泰富が下げの中心となった。

売り上げの約半分を米国で稼ぐソファメーカーの敏華(1999 HK) は増益見通しが好感され7%高。米アップルにスピーカーを供給してい る瑞声科技(AACテクノロジーズ・ホールディングス、2018 HK) は2.8%高。中信泰富(267 HK)は3.1%安。

ハンセン指数は前日比64.23ポイント(0.3%)高の22760.24で終 了。前週末比では1.1%安となった。ハンセン中国企業株(H株)指数 は前日比0.4%高の10080.23。香港市場は18、21両日は祝日に伴い休場 となる。

UOBケイ・ヒアン・ホールディングスの法人セールスディレクタ ー、梁偉源氏(香港在勤)は、連休を前に投資家心理は慎重だったと指 摘。「最近のテクノロジー株の調整は若干行き過ぎており、底値買いさ れた可能性がある」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。エネルギー銘柄や金融株が売られた。テクノ ロジー株は上げた。

油田サービスの海洋石油工程(600583 CH)が3日続落し、電力会 社の国投電力(600886 CH)は2.1%安。不動産会社の保利房地産集団 (600048 CH)も1.5%安。上海市は不動産規制を緩和しないと国営の新 華社通信が伝えた。

一方、音響装置メーカーの歌爾声楽(002241 CH)は4.1%高。タッ チパネルメーカーの深圳欧菲光科技(002456 CH)は3.8%高。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動する 上海総合指数は前日比6.24ポイント(0.3%)安の2098.89で終了。上 海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は0.4%安 の2224.80。

16日発表された中国の1-3月(第1四半期)経済成長率が6四半 期ぶりの低水準にとどまったのを受け、投資家の間では景気対策が導入 されるかどうかを見極めようとするムードが広がっている。

宏源証券の唐永剛アナリスト(北京在勤)は「市場に信頼感が欠け ている」と述べた。

【インド株式市況】

指標のS&Pセンセックス指数は前日比1.6%高の22628.84で終 了。9日以来の大きな上昇率で、4営業日ぶりに上げに転じた。自動車 株と銀行株の上げが目立った。 * タタ・モーターズやマヒンドラ・アンド・マヒンドラが高い * ICICI銀行は3.3%高、インドステイト銀行も上昇

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比33.91ポイント(0.6%)高 の5454.23。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.16ポイント安の1992.05。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比20.34ポイント(0.2%)高の8944.16。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE