コンテンツにスキップする

NY外為:ドル上昇-ウクライナの騒乱沈静化に向けた動きで

ニューヨーク外国為替市場では、ド ルが主要通貨のバスケットに対して5営業日続伸。ウクライナでの騒乱 の沈静化に向けた動きが見られたことが手掛かり。株式相場は上昇し、 米国債相場は1カ月で最大の下げとなった。

ロシア・ルーブルをはじめ新興国通貨は上昇。高リターン通貨の保 有に対する安心感が強まった。ポンドはドルに対して一時、約4年ぶり 高値に上昇。前日発表の英失業率では低下が示された。

ソシエテ・ジェネラルのシニア通貨ストラテジスト、セバスチャ ン・ゲーリー氏は「市場の不安は着実に和らぎつつある」と分析。「米 国債の利回りが上昇すると、ドルは円に対して機械的に値上がりする。 対円でのドルの上昇傾向は確実に存在する」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%高の1010.68。 一時1010.87と8日以来の水準に上げる場面もあった。

ドルは対円で0.2%高の1ドル=102円39銭。一時102円47銭と、8 日以来の高値を付けた。また0.4%安となる場面もあった。対ユーロで はほぼ変わらずの1ユーロ=1.3814ドル。一時0.4%安となった。ユー ロは対円で0.1%上昇し1ユーロ=141円44銭。

ルーブル上昇

ウクライナとロシア、米国、欧州連合(EU)の外相は17日、ウク ライナ情勢を協議するためジュネーブで会合を開き、騒乱の沈静化に向 けた対策に着手することで合意した。

ルーブルはドルに対して1.1%高の1ドル=35.6124ルーブル。ドル とユーロで構成するロシア中央銀行の通貨バスケットに対しては1.3% 上げて41.6032ルーブル。

ダンスケ銀行のストラテジスト、ウラジミール・ミクラシェフスキ ー氏は電子メールで、プーチン大統領は「市場を動揺させるようなこと は何も言わなかった。悪いニュースがなかったということが、今は良い ニュースとなっている」と指摘した。

米株式市場ではS&P500種株価指数が一時0.4%高となった。終値 ベースでは0.1%高。

JPモルガン・チェースのG7ボラティリティ指数は6.64%と、終 値ベースで07年7月以来の水準に低下した。

ポンド

ポンドは対ドルでほぼ変わらずの1ポンド=1.6794ドル。一 時0.3%高の1ポンド=1.6842ドルと、09年11月以来の高値を付けた。 前日発表された英国の今年2月までの3カ月間の失業率は6.9%に改 善。イングランド銀行(英中央銀行)の当初のフォワードガイダンス (時間軸政策)で利上げ検討開始の目安とされた7%を初めて下回っ た。

英中銀は来週、4月開催の金融政策委員会(MPC)の議事録を公 表する。4月のMPCでは、政策金利であるレポ金利を過去最低 の0.5%に据え置いた。

ソシエテ・ジェネラルの為替ストラテジスト、アルビン・タン氏 (ロンドン在勤)は「ポンドの動きは、前日の力強い雇用統計を受けた ものだ」とし、「加えてドルが全般的に下げている。米金融当局が利上 げを急いでいないことは非常に明白だ」と続けた。

原題:Dollar Strengthens for Fifth Day on Ukraine Accord; Ruble Climbs(抜粋)

--取材協力:Vladimir Kuznetsov.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE