コンテンツにスキップする

香港株:続伸、テクノロジー高い-米鉱工業生産も強材料

香港株式相場は続伸。テクノロジー 株が買われたほか、3月の米鉱工業生産指数が予想を上回る伸びを示し たことが材料視された。親会社の金融事業買収で合意した中信泰富が下 げの中心となった。

売り上げの約半分を米国で稼ぐソファメーカーの敏華(1999 HK) は増益見通しが好感され7%高。米アップルにスピーカーを供給してい る瑞声科技(AACテクノロジーズ・ホールディングス、2018 HK) は2.8%高。中信泰富(267 HK)は3.1%安。

ハンセン指数は前日比64.23ポイント(0.3%)高の22760.24で終 了。前週末比では1.1%安となった。ハンセン中国企業株(H株)指数 は前日比0.4%高の10080.23。香港市場は18、21両日は祝日に伴い休場 となる。

UOBケイ・ヒアン・ホールディングスの法人セールスディレクタ ー、梁偉源氏(香港在勤)は、連休を前に投資家心理は慎重だったと指 摘。「最近のテクノロジー株の調整は若干行き過ぎており、底値買いさ れた可能性がある」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Rise on Tech Shares, U.S. Data; Citic Declines (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE