コンテンツにスキップする

ラフィット・ロートシルト、13年産ワインを14%値下げ

フランスのボルドー地方ポイヤック 村のワイン生産者、シャトー・ラフィット・ロートシルトは2013年に収 穫したブドウで製造したワインの価格を前年比で14%引き下げた。この 地方では昨年、降雨の影響でブドウの収穫高が減少した。一方、販売業 者らは値下げを求めていた。

ワイン電子取引市場Liv-exが集計したデータによると、ラフ ィットは13年産ワインの価格を1本当たり288ユーロ(約4万1000円) とし、前年の335ユーロから引き下げた。

08年の金融危機の後にワイン市場全体が低迷する中、アジアの需要 を背景にラフィットを中心としたボルドー産ワインの価格は09-11年に 上昇した。1855年に第1級に格付けされたラフィットの価格はこの間、 他の多くのワインを上回るペースで高騰した。中国政府が贈答を控える 取り組みを始めたため需要が鈍化し、2009年産の価格は過去3年間 で50%余り下落している。

ランザー・ワイン・インベストメンツ(ロンドン)の創業者、ピー ター・ランザー氏は先週のインタビューで「第1級ワインの価格はいず れかの時点で回復すると思う。これらのワインは妥当な水準以上に高騰 したため、下落圧力が非常に強かった」と指摘した。

原題:Chateau Lafite Rothschild Cuts Price of Its 2013 Vintage by 14%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE