コンテンツにスキップする

ソニー:PS4販売、世界で700万台突破-需要は引き続き旺盛

ソニーはゲーム機「プレイステーシ ョン(PS)4」の発売から5カ月経過した現在でも、旺盛な需要への 対応に追われている。経営再建に当たるソニーの平井一夫社長にとって は明るい材料となりつつある。

ソニーの16日の発表資料によると、今月6日時点でPS4の世界全 体の販売台数は700万台を突破した。PS4の販売ペースは米マイクロ ソフトの「Xbox One」を上回っている。PS4事業を統括する アンドリュー・ハウス氏は「世界全体での力強い需要に追い付くのに依 然困難に直面しているが、顧客の需要への対応に引き続きしっかりと取 り組んでいる」と述べた。

同社は昨年11月、7年ぶりの据え置き型ゲーム機の新モデルとなる PS4を発売したが、今も販売の好調が続いている。16日付の会社資料 によると、PS4は現在72の国と地域で販売されている。

エース経済研究所の安田秀樹アナリストは、ソニーがライバルより 多く販売できた一因として、より多くの海外市場で売るために「AV機 器の販路を生かした」からだと分析し、「台数を増やしてソフトの収入 が増えれば、来期以降の業績に期待できる」と述べた。

リアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパンの寺尾和之最高 投資責任者はエレクトロニクス事業が厳しい中、「ゲームが好調なのは ポジティブ材料」だと見つつも、「株価にはゲーム事業への期待が織り 込み済み」だと語った。

ソニーの株価は前日比ほぼ変わらずで推移し、0.7%安の1910円で 午前の取引を終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE