コンテンツにスキップする

米アメックス:1-3月期は12%増益-顧客の支出伸びる

米クレジットカード会社、アメリカ ン・エキスプレス(アメックス)の1-3月(第1四半期)決算は12% 増益となり、アナリストの予想を上回った。顧客の支出が増えた。

16日の発表資料によると、純利益は14億3000万ドル(約1460億円、 1株当たり1.33ドル)と、前年同期の12億8000万ドル(同1.15ドル)か ら増加。ブルームバーグが集計したアナリスト27人の予想平均は1株当 たり1.30ドルだった。収入は4%増の82億ドル。

ケネス・シュノールト最高経営責任者(CEO)は経費削減を進め ているほか、提携や新商品を通じて富裕層以外にも顧客基盤を広げよう と取り組んでいる。同社が収入の約7割を得る米国では、個人消費が同 四半期の前半に大雪や寒波の影響で抑制されたが、3月には伸びが加速 した。

シュノールトCEOは発表資料で「消費者は債務を増やすことに依 然として慎重だが、カード会員のローン残高の緩やかな伸びが引き続き 見られた」と指摘した。

アメックスの株価はニューヨーク時間午後4時33分(日本時間17日 午前5時33分)現在の時間外取引で1.1%安の86.50ドル。年初から通常 取引終値までに3.7%下落している。

1-3月期のアメックスカード利用額は全世界で前年同期比6%増 加。一方、経費は55億ドルで、約1%減少した。米国のカード事業の利 益は9%増の8億7600万ドル。海外は11%減の1億5900万ドルだった。

原題:AmEx Profit Beats Estimates as Customer Spending Increases (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE