コンテンツにスキップする

中国・中信集団、香港子会社への資産売却3兆7300億円規模に

香港の中信泰富(CITICパシフ ィック)は、親会社で国有の中国中信集団(CITICグループ)から 銀行や証券事業を2269億元(約3兆7300億円)で取得することで合意し た。中国は経済の自由化を進めており、他の国有企業にとってモデルケ ースとなる可能性がある。

中信泰富の16日の香港証券取引所への届け出によれば、支払いは現 金部分が499億元、残りは株式取引で1株13.48香港ドル(約178円) で116億株近くを発行する。これら取引の完了後、中信集団による中信 泰富の持ち株比率は75-85%になる。

中国企業による香港上場子会社への資産売却としては過去最大規 模。

原題:Citic Pacific to Pay $36 Billion for Parent’s China Assets (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE