コンテンツにスキップする

バーナンキ前FRB議長:米国は政策策定時に新興市場を考慮

米連邦準備制度理事会(FRB)の 前議長、バーナンキ氏は15日、米金融当局は政策を策定する際に新興市 場の動向を考慮していると語った。

同氏はコタク・マヒンドラ銀行がムンバイで開いた顧客向けイベン トで、「一部には米国が新興市場に耳を貸さないとの見方がある」と指 摘。その上で「全くの見当違いだ。われわれは常に新興市場の声を聞い てきた」と述べた。

米経済については、危機の最も厳しい局面は過ぎ去り、現在は「幾 らか」力強さを増した軌道に乗っており、家計資産は回復しつつあると の認識を示した。

バーナンキ氏とインド準備銀行(中央銀行)のラジャン総裁は先週 ワシントンで、米金融当局が資産購入規模を縮小する一方で欧州中央銀 行(ECB)が量的緩和実施の必要性を議論する中、どの程度の国際的 な政策協調が必要か意見を戦わせた。ラジャン総裁は、米国は自国の政 策が他国に与える影響を一層考慮すべきだと指摘してきている。

原題:Bernanke Says Fed Considers Emerging Markets When Making Policy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE