コンテンツにスキップする

ロシア経済リセッション入りも、米欧が制裁強化なら-ロッジ

ロシア経済は米国と欧州連合 (EU)が制裁を強化すればマイナス成長に陥るだろうと、ロッジ・グ ローバル・パートナーズの新興市場責任者、ミヒャエル・ガンスケ氏は 予想している。

米国とEUはウクライナ東部での混乱を煽ったとして、ロシアに対 する制裁強化について協議している。ガンスケ氏は「経済的な対価が大 き過ぎる」ことを理由に、ロシアは恐らくウクライナ侵攻を避けるとの 見方を示した。

ガンスケ氏は15日の電話インタビューで、「経済制裁が実施されれ ば、ロシアはマイナス成長に陥るだろう」と語り、EUと米国の経済成 長も負の影響を受ける可能性があると指摘した。

先月のプーチン大統領によるクリミア編入に対する米・EU主導の 制裁で、ロシア経済はリセッション(景気後退)入りの可能性が浮上し ている。投資後退を背景に、昨年の成長率は1.3%と4年ぶり低水準に 鈍化。制裁措置を受けて資本流出が拡大し、通貨ルーブルとロシア株の 売りにつながっている。

ルーブルは2014年に入りドルに対して9.1%下落しており、ブルー ムバーグが調査対象とする新興市場の24通貨のうち、アルゼンチン・ペ ソに次ぐ大幅な下げとなっている。ロシア株の指標であるドル建ての RTS指数は年初来で21%値下がり。これに対してMSCI新興市場指 数は0.3%上昇している。

原題:Russia to Slide Into Recession on Broader Sanctions, Rogge Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE