コンテンツにスキップする

英ロイズ・バンキング、スポット為替世界責任者が辞任-関係者

英銀ロイズ・バンキング・グループ のスポット為替責任者、ダレン・クート氏が辞任したと、事情に詳しい 関係者3人が明らかにした。

関係者の1人が匿名を条件に述べたところによると、クート氏は先 週、個人的な理由で辞任した。処分を伴うような調査とは無関係だとい う。ロンドンで勤務していたクート氏に、知人や電子メールを通じて連 絡を試みたが応答は得られていない。

ロイズは電子メールで、「従業員個人のことに言及しないのが当行 の方針だ」とコメントした。

ロイズでは2月に、ロンドン在勤のシニア為替トレーダー、マーテ ィン・チャントリー氏が、内部の未決注文の詳細情報を他社の従業員に 伝えたことが理由で停職処分を受けた。

原題:Lloyds’s Global Head of Spot Foreign Exchange Said to Step Down(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE