コンテンツにスキップする

中国人民元、オフショア市場で1年2カ月ぶりの安値

15日の中国人民元は香港のオフショ ア市場で1年2カ月ぶりの安値となった。16日発表の国内総生産 (GDP)統計が中国経済の成長鈍化を示すとの観測の中、中国人民銀 行(中央銀行)はこの日、元の中心レートを昨年9月以降で最低の水準 に設定した。

人民銀は中心レートを0.07%元安方向の1ドル=6.1571元と、昨年 9月17日以来の低水準とした。ブルームバーグのエコノミスト調査によ れば、中国の1-3月(第1四半期)GDPは前年同期比7.3%増 と、2009年以来の低い伸びとなる見通し。

ブルームバーグ・データによると、香港時間午後4時37分(日本時 間同5時37分)現在、元は香港のオフショア市場で前日比0.03%安の1 ドル=6.2258元。一時6.2314元と昨年2月27日以来の安値を付けた。1 年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は前日比0.01%安 の6.2495元。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、元は上海市場 では、同0.05%安の6.2220元。

原題:Offshore Yuan Drops to 14-Month Low on Concern Economy Slowing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE