コンテンツにスキップする

日経平均先物が上昇、米S&P500種の反発受け-商品も高い

アジア時間15日早朝の取引では、日 経平均先物が上昇。米国では小売売上高やシティグループの業績が市場 予想を上回ったことを受け、S&P500種株価指数が反発した。商品相 場も上昇した。

日経平均先物は大阪市場で0.9%上昇。S&P500種の14日終値 は0.8%高だった。円は日本時間午前7時12分現在、ドルに対してほぼ 横ばい。ウクライナ情勢悪化が懸念される中でロシア・ルーブル は0.9%下げた。商品24品目で構成するS&P・GSCI指数は0.9%上 昇し、3月4日以来の高水準に達した。パラジウムは2011年8月以来、 ニッケルは13年2月以来の高値となった。

原題:Nikkei Futures Rise as S&P 500 Rebounds While Commodities Gain(抜粋)

--取材協力:Stephen Kirkland.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE