コンテンツにスキップする

シティのエージェンシーモーゲージ債トレーダー4人が退職

米銀シティグループで政府支援機関 (GSE)発行のモーゲージ債取引に携わっていたトレーダー4人が退 職した。

シティで10年余り勤務したスワプニル・リージ氏と2002年入行のケ ビン・チェン氏は、電話取材で退職を確認した。ただ、それ以上のコメ ントは避けた。非公開情報であることを理由に事情に詳しい関係者3人 が匿名を条件に語ったところでは、バディム・アルビンスキー氏とマー ク・ザーキン氏も過去1カ月の間に退職した。両氏に電話で連絡を取っ たが、コメントは得られなかった。

関係者のうちの2人と別の人物によれば、シティでGSE発行モー ゲージ債のトレーディンググループを統括していたアンナ・レイチェバ 氏は過去1カ月以内に他のポジションに異動し、同僚のチェタン・ボー ラ氏が後任に就いた。

米金融取引業規制機構(FINRA)の記録によれば、シティは昨 年10月に同グループの陣容を強化し、クレディ・スイス・グループから マーク・デービス氏をトレーダーとして採用していた。

原題:Four Citigroup Agency Mortgage-Bond Traders Said to Depart Bank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE