コンテンツにスキップする

欧州マーケットサマリー:株反発、スペインなど周辺国債上昇

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3828   1.3885
ドル/円            101.78   101.62
ユーロ/円          140.75   141.13


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  329.79     +1.02     +.3%
英FT100     6,583.76   +22.06     +.3%
独DAX      9,339.17   +23.88     +.3%
仏CAC40    4,384.56   +18.70     +.4%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .16%        .00
独国債10年物     1.53%       +.02
英国債10年物     2.64%       +.03


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,325.75    +7.75     +.58%
原油 北海ブレント        108.76     +1.43    +1.33%

◎欧州株:ストックス600反発、鉱山株に買い-ウクライナ情勢も注視

14日の欧州株式相場は上昇。前週末に週間ベースで約1カ月ぶり大 幅安となった指標のストックス欧州600指数はこの日、一時の下げを消 して反発した。鉱山株の上げが目立った。ウクライナ情勢も注視され た。

銀生産会社ポリメタル・インターナショナルは4.7%、産金会社ラ ンドゴールド・リソーシズは3.6%それぞれ上げ、これら銘柄などで構 成する業種別指数は1.9%高となった。バイオ製薬会社トロンボジェニ クスは17%の大幅上昇。一方、フランスの自動車メーカー、プジョーシ トロエン(PSA)は6.3%下げた。モデル数をほぼ半減する計画が売 り材料。

ストックス欧州600指数は前週末比0.3%高の329.79で終了。一時は 1%下げた。先週は3.1%下落していた。

レイル(ジュネーブ)の最高投資責任者(CIO)、フランソワ・ サバリ氏は電話インタビューで「ウクライナ危機で市場のボラティリテ ィが多少高まった」と述べ、「状況がさらに悪化した場合、経済リスク が現実化することを考慮すればなおさらだ」とし、「緊張を緩和させる 外交上の解決策を見いだせるかを見極める上で、木曜日の会合が重要 だ」と続けた。

ウクライナ危機の解決策を協議するため、同国とロシア、米国、欧 州連合(EU)のそれぞれの代表は17日にジュネーブに集まる予定。

14日の西欧市場では18カ国中10カ国で主要株価指数が下落。英 FTSE100指数と独DAX指数はそれぞれ0.3%上昇。仏CAC40指数 は0.4%高となった。

原題:European Stocks Advance After Worst Week in a Month; Miners Gain(抜粋)

◎欧州債:スペインなど周辺国債が上昇-ECB総裁発言に反応

14日の欧州債市場ではスペイン国債が上昇し、10年債利回りは約8 年ぶりの低水準を付けた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がユー ロの一段高が金融緩和拡大への引き金になり得るとの趣旨の発言を週末 にしたことに反応した。

イタリアとポルトガルの国債も値上がり。今週発表される3月のユ ーロ圏インフレ率改定値はあらためて4年ぶり低水準を示すと、エコノ ミストらはみている。スペイン10年債の同年限のドイツ国債に対する利 回り上乗せ幅(スプレッド)は3営業日ぶりに縮小。ECBの刺激策に は債券購入が含まれるとの見方が広がっている。この日の発表によれ ば、イタリアの3月のインフレ率は09年以降で最低だった。

ダンスケ銀行のアナリスト、オーウェン・カラン氏(ダブリン在 勤)は「ECBは口先介入で市場の安定を維持しようとしている。とり わけ通貨に関してそうだ」と指摘。「これが周辺債の持ち直しに寄与し ている。ただし、ECBがレトリックを多用し過ぎて十分に行動しない リスクがある。このため、周辺国債の取引がやや勢いを欠けているのか もしれない」と語った。

ロンドン時間午後4時40分現在、スペイン10年債利回りは前週末比 5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.14%。05年10月 以降の最低となる3.13%まで下げる場面もあった。同国債(表面利 率4.5%、2024年3月償還)価格は0.41上げ105.60。

イタリア10年債利回りは4bp下げ3.18%、同年限のポルトガル国 債利回りは5bp低下し3.91%となった。

ドラギ総裁は12日にワシントンで、「ユーロ相場上昇はわれわれの 金融政策のスタンスを引き続き緩和的とし、さらなる緩和措置を必要と するだろう」と述べた。

ドイツ10年債利回りは2bp上げて1.53%。同国債に対するスプレ ッドはスペイン10年債が7bp縮小し161bp、イタリア10年債は6b p縮まり165bpとなった。

原題:Spanish Bond Gain Pushes Yield to Eight-Year Low After Draghi(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE