コンテンツにスキップする

NY外為:ユーロ安い、ECB総裁発言で-円は対ドルで下落

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロが主要16通貨中14通貨に対して下落。欧州中央銀行(ECB)のド ラギ総裁が、ユーロが一段と上昇した場合には金融政策による追加の景 気刺激が必要になるとの認識を示したことを受けた。

ドルはユーロに対し3週間余りで最大の上げ。3月の米小売売上高 は2012年9月以来で最大の伸びとなった。ブラジル・レアルは上昇。過 去1年間で9回引き上げられている同国の金利が投資家を引き付けると の見方が背景にある。ロシア・ルーブルはドルとユーロで構成する通貨 バスケットに対して3営業日続落。ウクライナでの緊張の高まりが嫌気 された。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズの主任為替ストラテジス ト、ニック・ベネンブローク氏(ニューヨーク在勤)は、市場が「ドラ ギ総裁の発言に注目しているのは確かだ。ただ同時に、真のメッセージ は何か、さらに緩和のシグナルはどの程度明確なのかを理解しようと苦 心している」と分析。また「米国の経済指標は堅調だった。それがドル には支援材料になっている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前週末比0.5% 安の1ユーロ=1.3821ドル。終値ベースでは3月19日以降で最大の下 げ。対円では0.3%安の1ユーロ=140円76銭。ドルは対円で0.2%高の 1ドル=101円84銭。

ブルームーバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇の1008.01。先 週は1%下げていた。

小売売上高

米商務省が発表した3月の小売売上高(速報値)は、季節調整済み で前月比1.1%増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト予想の中央値は0.9%増だった。前月は0.7%増に上方修正された。

ブルームバーグが実施したアナリスト調査の中央値ではドルは6月 末までに対ユーロで1ユーロ=1.36ドル、対円で105円にそれぞれ上昇 すると見込まれている。

米株式市場ではこの日S&P500種株価指数が0.8%上昇。先週 は2.7%下げた。

ルーブルはドルとユーロで構成するロシア中央銀行の通貨バスケッ トに対して0.7%下げて42.1745ルーブル。

ウクライナ情勢

会合のためルクセンブルクに集まった欧州連合(EU)外相らは、 EUが経済措置を含む制裁第3弾を準備するべきだと述べた。ウクライ ナでの分離主義者らによる騒乱をロシアがあおっているとEUはみてい る。

週末に少なくとも兵士1人が殺害されたことが東部での緊張を深め る中、ロシアと米国、EUは17日に会合を予定している。

米国のパワー国連大使は前日の国連安保理で、「ウクライナの不安 定さはロシアの筋書き・演出によるものだ」と非難した。

ブラジル・レアルは主要31通貨中29通貨に対して上昇。対ドルで は0.2%上げて1ドル=2.2141レアル。一時0.6%高の2.2063レアルを付 けた。ブラジルは13年4月以降、9回利上げを実施している。これはブ ルームバーグがモニターする49中銀の中で最多。

原題:Euro Falls on Draghi’s Stimulus Signal; Brazilian Real Advances(抜粋)

--取材協力:Anchalee Worrachate.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE