コンテンツにスキップする

鳥インフルで熊本県の鶏出荷制限-14日中に11万羽を殺処分

農林水産省は熊本県の養鶏場で鳥イ ンフルエンザが発生し鶏が大量死したことを受けて、同県の鶏約40万羽 の出荷を制限した。

熊本県は14日中に養鶏場2カ所で約11万2000羽の殺処分を終了する 予定。

農水省によると、同県多良木町の養鶏場で高病原性鳥インフルエン ザウイルスH5型に感染して1100羽が死んだ。もう1カ所の近辺の村に ある養鶏場も経営者は同じ。

2010年11月から11年3月にかけて鳥インフルエンザが発生した時に は、9県の養鶏場24カ所で約183万羽を殺処分した。日本の養鶏数は約 2億6000万羽。

農水省は感染経路を調査中で、これ以上感染が拡大しなければ出荷 制限は5月上旬にも解除される見通し。

原題:Japan Restricts Chicken Shipments After Bird Flu Outbreak (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE