コンテンツにスキップする

ハイテク株弱気派、空売り買い戻し後チャンス逃す-株価下落で

フェイスブックからネットフリック スまで、さまざまなハイテク株の値下がりを見込んだ投資を昨年手じま いした弱気派は今、株価が下落しているのをただ眺めているしかない。

大型ハイテク株で構成するナスダック100指数は先週、2011年以来 最大の下げとなったが、同指数の最も大きな構成銘柄の多くで空売り残 高はゼロに近かった。ブルームバーグとマークイットの集計データで分 かった。発行済み株式に対する空売りされた株式の比率はフェイスブッ クで0.2%、ネットフリックスで1%と、2年前の15%から低下した。

百度(バイドゥ)やアカマイ・テクノロジーズ、マイクロン・テク ノロジーなどの株価がそろって上昇していた際に空売りを手じまいした トレーダーは、株価下落率が20%に近づく中でチャンスを逃したことに なる。空売り残高が少ないことは潜在的な買い手グループの消滅につな がる。また、ヘッジファンドがこの1年間、空売りがリターンにマイナ スとなることにいかに気をもんだかを示すものだ。

ヘッジファンド、ビラス・キャピタル・マネジメント(シカゴ)の ジョン・トンプソン最高投資責任者(CIO)は「多くの人が空売りは 死ぬほど恐ろしいと私に話した」とした上で、「彼らは論理ではなく恐 怖感で行動している」と述べた。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのトレーディング戦略責任 者、リック・ベンシニョール氏(ニューヨーク在勤)によると、空売り の不足が株価持ち直しを阻んでいる状況につながっている。この1年間 は、空売りの買い戻しを背景に株価が上昇ペースを速めてきた。

先週はナスダック100指数が2.6%安。JPモルガン・チェースの利 益が予想を下回り、アナリストが収益予想を下方修正したことが嫌気さ れ、S&P500種株価指数も先週2.6%下げた。

原題:Technology Bears Miss 20% Payouts After Giving Up on Short Sales(抜粋)

--取材協力:Sofia Horta e Costa、Alexis Xydias、Wendy Soong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE