コンテンツにスキップする

オリックスが英スタンダードチャータード子会社の買収検討

オリックスは英銀スタンダードチャ ータードが売却を進める消費者金融子会社の買収手続きへの入札参加を 検討している。事情に詳しい複数の関係者の話から明らかになった。

関係者によると、スタンダードチャータード傘下のプライムクレジ ット(本社・香港)の売却手続きは既に始まっており、同銀は7億ドル 程度での売却を目指しているという。オリックスは中国国内にネットワ ークを持つ現地企業などとの共同買収の可能性を模索する。

オリックスはほかに香港では大手消費者金融ユナイテッド・アジ ア・ファイナンスに資本参加している。オリックス広報の堀井淳氏はプ ライム社の買収案件に関してコメントを控えた。

スタンダードチャータードは2004年にプライム社を子会社化。しか し、ピーター・サンズ最高経営責任者(CEO)は昨年11月、規模が不 十分な事業や本業と相乗効果の薄い非中核事業の見直しを進めていると 述べていた

ブルームバーグ・データによると、オリックスは過去2年で20件以 上の企業投資案件を発表。これは日本の金融機関の中で最も多い。昨年 は蘭大手銀行ラボバンクの資産運用子会社ロベコを約2400億円で買収。 1件当たりの買収額で最大案件となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE