コンテンツにスキップする

LMEニッケル:10日続伸、供給懸念で-NY銅は小安い

ロンドン金属取引所(LME)で はニッケル相場が10営業日続伸。約3年ぶりの長期上昇局面となった。 世界最大のニッケル鉱石供給国であるインドネシアの鉱石輸出規制で、 世界的に供給不足に陥るとの懸念が強まっている。

LMEのニッケル相場(3カ月物)は前日比1.9%高の1トン=1 万7400ドル。一時は1万7495ドルと、2013年2月20日以来の高値を付け た。10日続伸は10年10月6日以来で最長。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 5月限は0.1%安の1ポンド=3.0415ドルで終了。一時は3.08ドルと、 中心限月としては3月7日以来の高値を付ける場面もあった。

原題:Nickel Posts Longest Rally in 42 Months on Global Supply Concern(抜粋)

--取材協力:Jae Hur.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE