コンテンツにスキップする

欧州債:ドイツ債上昇、10年債利回り1.5%割り込む-株安で

11日の欧州債市場ではドイツ国債が 上昇。10年債利回りが昨年6月以来初めて1.5%を割り込む場面もあっ た。JPモルガン・チェースが1-3月(第1四半期)決算で予想より 激しい減益を発表したことから株式相場が下げ、比較的安全とされる同 国債の需要が高まった。

イタリア国債は3日ぶりに下落。10年物利回りが今週に入って過去 最低を付けており、最近の相場上昇は行き過ぎとの見方が広がった。ギ リシャ国債は続落。ポルトガル10年債も下げた。フィッチ・レーティン グスが同国の格付け見通しを「ネガティブ」から「ポジティブ」に引き 上げたものの、相場上昇への支援材料とならなかった。

コメルツ銀行のシニア金利ストラテジスト、ミヒャエル・ライスタ ー氏(ロンドン在勤)は「株式相場や周辺国債がいずれも下押し圧力を 受けるという総じてリスクオフのパターンで、ドイツ国債がじわじわと 上げている」と発言。「周辺国債では利益確定の動きが幾分あるのかも しれないが、これは利回りが数年ぶりの低水準や過去最低を付ける中で 予想されていたことだ。これで上昇局面が終わるとは思えない。特にス ペインとイタリアの国債に関してそうだ」と続けた。

ロンドン時間午後4時18分現在、ドイツ10年債利回りは前日比1ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.51%。一時は1.49% と、昨年6月7日以来の低水準となった。同国債(表面利 率1.75%、2024年2月償還)価格は0.07上げ102.15。

イタリア10年債利回りは5bp上げ3.21%。7日には3.14%まで下 げ、ブルームバーグが1993年に集計を開始して以来の最低を記録してい た。ギリシャ10年債利回りはこの日、35bp上昇し6.29%。同年限のポ ルトガル国債利回りは9bp上げて3.96%。

原題:German Bonds Rise With Yield Below 1.5% as Italy, Greece Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE